全国の基幹的医療機関に配置されている『ロハス・メディカル』の発行元が、
その経験と人的ネットワークを生かし、科学的根拠のある健康情報を厳選してお届けするサイトです。
情報は大きく8つのカテゴリーに分類され、右上のカテゴリーボタンから、それぞれのページへ移動できます。

カテゴリー「高橋正也」の記事一覧

睡眠のリテラシー49

高橋正也 独立行政法人労働安全衛生研究所作業条件適応研究グループ上席研究員

 働いている方にとって、今の職場はどのくらい快適でしょうか。また、現在は働いていない方でも、かつての職場はいかがでしたか。例えば、騒音がある、照明が暗い、換気が悪いなどの状況であれば、物理的な理由で気持ちよく働けません。

睡眠のリテラシー48

高橋正也 独立行政法人労働安全衛生研究所作業条件適応研究グループ上席研究員

 眠っている時間をもっと有効に使えたら、と考える方は多いのではないでしょうか。睡眠中に英語や公式などを覚えることができたら、仕事や勉強がはかどるに違いありません。

睡眠のリテラシー47

高橋正也 独立行政法人労働安全衛生研究所作業条件適応研究グループ上席研究員

 携帯電話やスマートフォンなど、コミュニケーションの道具はまさに日進月歩です。かつて、電話は一家に1台で、子供は親の許可がないとかけられませんでした。まして、電話を外に持ち出せて使えるようになるとは思いもよりませんでした。

睡眠のリテラシー46

高橋正也 独立行政法人労働安全衛生研究所作業条件適応研究グループ上席研究員

 日頃、自動車をどのくらい運転していますか。仕事として毎日運転する方もいれば、週末のドライブを少しという方もいるでしょう。

睡眠のリテラシー45

高橋正也 独立行政法人労働安全衛生研究所作業条件適応研究グループ上席研究員

 身内に介護が必要になった時、まずは自宅で介護を行うようになるのではないでしょうか。例えば、同居している親を介護するのは、自分を産み育ててくれたことに対する、いわば恩返しのようになるかもしれません。これはもちろん善いことではありますが、在宅で介護を行うには様々な苦労が伴います。

睡眠のリテラシー44

高橋正也 独立行政法人労働安全衛生研究所作業条件適応研究グループ上席研究員

 私たちは誰でも年をとります。もちろん健康に気をつけながら生活して、加齢による影響を少なくすることはできるかもしれません。であっても、年老いていくのは止められません。

睡眠のリテラシー43

高橋正也 独立行政法人労働安全衛生研究所作業条件適応研究グループ上席研究員

 しっかり眠ることは誰にとっても大事です。働いている人では特に、睡眠の良否が仕事のデキにつながりますので、目を向けざるを得ません。

睡眠のリテラシー42

高橋正也 独立行政法人労働安全衛生研究所作業条件適応研究グループ上席研究員

 昼間を元気に過ごして、いよいよ寝る時間が訪れます。「今日も疲れた。明日も頑張ろう」と思いながら、一日を締めくくれると最高でしょう。さっと寝付いて、ぐっすり眠れば、翌日は快調に違いありません。

睡眠のリテラシー41

高橋正也 独立行政法人労働安全衛生研究所作業条件適応研究グループ上席研究員

 わが国の企業の8割は定年を60歳に定めています。定年までいきいきと働くことは労働者にとって第一の目標ではないでしょうか。年金のもらえる年齢を考えると、さらに5年ほど元気に働かなければなりません。20歳過ぎから働き始めたとしたら、およそ40年にも及ぶ労働生活になります。

睡眠のリテラシー40

高橋正也 独立行政法人労働安全衛生研究所作業条件適応研究グループ上席研究員

 寝る子は育つ。素晴らしい諺です。この「育つ」には体が丈夫になること、心(脳)が健やかになることの二つの意味が含まれていると思われます。睡眠が奪われているのは今や大人だけではありません。そのような時代だからこそ、この名言が響くのでしょう。

<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
  • Google+
  • 首都圏・関西でおなじみ医療と健康のフリーマガジン ロハス・メディカル
月別アーカイブ
サイト内検索