全国の基幹的医療機関に配置されている『ロハス・メディカル』の発行元が、
その経験と人的ネットワークを生かし、科学的根拠のある健康情報を厳選してお届けするサイトです。
情報は大きく8つのカテゴリーに分類され、右上のカテゴリーボタンから、それぞれのページへ移動できます。

この症状 ひょっとして病気?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

27、皮膚 機能障害・不全(皮膚の乾燥、発汗過多、毛が抜ける)
詳しい症状として、

●疲れやすい、体重増加、低体温、便秘、食欲不振、心拍数減少、低血圧、こむらがえり、筋力低下、手足・顔のむくみ、皮膚乾燥、月経異常
⇒甲状腺機能低下症

●疲れやすい、体重減少、微熱、下痢、食欲が止まらない、動悸、脈拍が速い、高血圧、手・指のふるえ、多汗、月経異常
⇒甲状腺機能亢進症(バセドウ病、亜急性甲状腺炎など)

●口周囲や手先のしびれ、暴れたり落ち着かない、うつ状態、下痢、皮膚乾燥、歯の発育異常
⇒副甲状腺機能低下症

●顔に脂肪がつき真ん丸になる、お腹や胴周りだけ脂肪がつく(手足は細い)、皮膚が伸びて亀裂が赤紫の筋になる、皮下出血、色素沈着、ニキビ、体毛が多くなる、筋力低下、骨が弱り骨折しやすい、不眠、抑うつ状態、月経異常
⇒クッシング症候群(薬剤性クッシング症候群、副腎腺腫、下垂体腺腫)

●こむらがえり、脚のだるさ、色の異常、しこり
⇒脚の静脈瘤

●頭部を中心とした境界線明瞭な脱毛
⇒円形脱毛症

●鼻を中心とした頬や額の赤み
⇒酒さ

●皮膚の色が白い
⇒白斑

●皮膚のケガの後、かゆみを伴う赤いの膨らみ
⇒皮膚の肥厚性障害


監修/久住英二 ナビタスクリニック立川院長
制作協力/小滝和也(関西医科大学5年生)
*疾病分類はICD-10に準拠しています。このリストは医療機関受診の目安としてお使いいただくもので、受診の代わりとなるものではありません。このリストを利用され、何らかのトラブルや損失・損害等が発生しても、その責任は一切負いません。

  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
  • Google+
  • 首都圏・関西でおなじみ医療と健康のフリーマガジン ロハス・メディカル
月別アーカイブ
サイト内検索