全国の基幹的医療機関に配置されている『ロハス・メディカル』の発行元が、
その経験と人的ネットワークを生かし、科学的根拠のある健康情報を厳選してお届けするサイトです。
情報は大きく8つのカテゴリーに分類され、右上のカテゴリーボタンから、それぞれのページへ移動できます。

朝のあなたと夜のあなたは違う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バブル景気の頃の清水建設のCMで一世を風靡した忌野清志郎さんの「パパの歌」。♬昼間のパパはぁ光ってるぅぅ♫という歌詞を覚えてる方も多いこととでしょう。

 あの歌詞は明らかに社会的状態を描いているわけですけれども、分子生物学的に見ても実は正しいのです。

ロハス・メディカル編集発行人 川口恭

 それは、

思い切り簡略化して述べます。遺伝子の観点から見ても、自律神経の観点から見ても、ホルモン分泌の観点から見ても、私たちの体は1日の中で波のように変動していて、時間帯によって状態が異なるということです。極端な言い方をすれば、朝のあなたと夜のあなたは、中身が少し違うということになります。

からです(ロハス・メディカル2010年7月号特集より)。

 そして

何かを楽にこなせる時間帯と、骨の折れる時間帯があるということでもあります。

(同)

 1日の中で必ず行わなければならないことがあり、どの時間帯にするかを自分で決められるのなら、楽にこなせる時間帯を選んだ方が得に決まっています。より楽しく健康になれるかもしれません。

 ちなみに寝付くという行為自体にも、楽にこなせる時間帯と難しい時間帯があります。

眠気が来るのは起床後15時間  睡眠は、体内時計と疲労物質蓄積量の二つの要素で制御されています。特筆するような疲労がない場合は、主に体内時計に睡眠が制御されることになり、起床から15時間後に眠気がやってきます。その2~3時間前は逆に目が冴えて眠れない時間帯です。昼近くまで寝ていると、その夜なかなか寝つけず、次の週のスタートから睡眠不足に陥ることになります。睡眠の質も悪くなりがちで、いわゆる睡眠障害が目前です。
なのです(同)。

 もう少し詳しく知りたい方は、元の記事を読んでみてください。

 そうそう、今回調べて知ったんですが、あの歌の作詞者は糸井重里さんだったんですね。

  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
  • Google+
  • 首都圏・関西でおなじみ医療と健康のフリーマガジン ロハス・メディカル
月別アーカイブ
サイト内検索