全国の基幹的医療機関に配置されている『ロハス・メディカル』の発行元が、
その経験と人的ネットワークを生かし、科学的根拠のある健康情報を厳選してお届けするサイトです。
情報は大きく8つのカテゴリーに分類され、右上のカテゴリーボタンから、それぞれのページへ移動できます。

野菜ジュースは野菜の代わりにならない、のはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「野菜ジュースは『野菜の代わり』になる?」というネットニュースを読みました。答えとしては、「野菜の代わり」にはならないとのこと。ただ、ちょっとモヤモヤが残ったのは、どうして野菜の代わりにならないのか、分かったような、分からなかったような...だったからです。

堀米香奈子 ロハス・メディカル専任編集委員

冒頭の記事の要点をいくつかまとめると、

●緑黄色野菜と淡色野菜を約半量ずつ、これに食物繊維の豊富な根菜、海藻、キノコ類をプラスして350摂れれば、ビタミンやミネラル類、食物繊維などを満遍なく摂取できる。
●市販のジュースの中には、それに見合うように、ビタミンミネラルを添加しているものがあり、筆者からすれば「野菜汁入りサプリメントドリンク」。エネルギーやビタミン・ミネラルを補給するには便利。
●ただし、野菜に含まれる栄養素には季節変動があり、旬でない野菜を使っていると、ビタミンやミネラルが足りていない恐れがある。
●だから、旬の野菜を選んで食べるのが一番効率よく栄養をバランスよく充分摂れる。

となるようです。

ってことは、もし充分にビタミンやミネラルが添加してある市販の野菜ジュースなら、違いは食物繊維だけ? って思いますよね。確かに、食物繊維にはお通じを良くする以上に大事な健康効果があります(詳細は以下の記事をご覧くださいね)。

消化されない食物繊維 わざわざ摂取する意味 
食物繊維で上手な加齢 

ただ最近は、食物繊維もちゃんと添加してあるパック入りスムージーなども、かなり増えてきました。じゃあ、ビタミン・ミネラル・食物繊維が充分添加されていたら、野菜と比べても何も遜色ないんじゃないの? という気がしてきます。

でも、ちょっと待って!(ようやく)

野菜ジュースが実際「果汁入りサプリドリンク」だとしたら、懸念すべきは過剰摂取です。ロハス・メディカルでも何度か取り上げていますが、まだまだ浸透していないようで、「ビタミンやミネラルは何でも不足気味で、とにかく多く摂ればそれだけ健康的」くらいに思っている人が少なくないのでは? ところが...

例えば、カルシウムの過剰摂取は、キケンです。
カルシウムのサプリメント、かえって体に悪い!?

無機リンの過剰摂取も血管石灰化を招きますが、ご丁寧に「リン酸カルシウム」を添加して「カルシウム強化」を謳っているような飲料もよく見かけます。
加工食品は老化を早める? 

その他、脂溶性ビタミンやヨードの過剰も...。
食べすぎ、なぜいけないのか。


野菜から摂るビタミン・ミネラルは、添加物と違って様々な物質と結びついているので、吸収も緩やかで、過剰摂取の弊害は出にくく、メリットが先行します。「野菜汁入りサプリドリンク」より食事で野菜を摂る方が健康的なのは、そういう理由もあるんですよね。

  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
  • Google+
  • 首都圏・関西でおなじみ医療と健康のフリーマガジン ロハス・メディカル
月別アーカイブ
サイト内検索