全国の基幹的医療機関に配置されている『ロハス・メディカル』の発行元が、
その経験と人的ネットワークを生かし、科学的根拠のある健康情報を厳選してお届けするサイトです。
情報は大きく8つのカテゴリーに分類され、右上のカテゴリーボタンから、それぞれのページへ移動できます。

戻ってきた暑さと「老け顔」リスク!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関東にもようやく夏らしい日差しと暑さが復活しましたね。数日前まで「40年ぶりの連続降雨記録か」などと騒がれていたどんより空が、うってかわって2週間ぶりの猛暑日予想。(実際には30℃超程度ですが。まあ、暑いのは確かです)

さて、気になるのが日焼け。そんなの女性だけの問題、と思っていませんか? 男性も他人事ではありませんよ。日差しは肌を老化させるんです。


ロハス・メディカル専任編集委員 堀米香奈子

紫外線が肌の奥深くにダメージを与え、老け顔の原因であるシミとシワ・たるみを作り出すことに。実際、漁師など日焼けする職業の人は、シワの深い人が多いですよね。

「じゃあ日焼け止めを塗ればいいか」「曇りなら大丈夫でしょ」とも思われるでしょうが、母なる太陽の力をそんなに甘く見てはいけません。日焼け止めを過信せず、曇っていても油断は禁物。

ロハス・メディカルの過去記事「深いシワがイヤなら 曇りでも紫外線対策」を、ぜひ参考にしてみてください!

なお、日焼け止めのSPFなどの数値は、「2m」あるいは「1㎠あたり2mg」の厚さで塗って試験し、策定されています。ちょっとショック。だって、そんなに分厚く塗るなんて、到底現実的ではないですよね・・・。

  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
  • Google+
  • 首都圏・関西でおなじみ医療と健康のフリーマガジン ロハス・メディカル
月別アーカイブ
サイト内検索