全国の基幹的医療機関に配置されている『ロハス・メディカル』の発行元が、
その経験と人的ネットワークを生かし、科学的根拠のある健康情報を厳選してお届けするサイトです。
情報は大きく8つのカテゴリーに分類され、右上のカテゴリーボタンから、それぞれのページへ移動できます。

現時点では混合ワクチンよりお勧めです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※情報は基本的に「ロハス・メディカル」本誌発行時点のものを掲載しております。特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。

同時接種 是か非か10

及川医院院長 及川馨

 昨年3月、同時接種後に死亡例が出たことを受け、同時接種そのものが一時中止されました。しかしこの出来事は、海外では「おかしなこと」とさえ受け取られていたのをご存じでしょうか。CDC(米疾病対策センター)は、「日本では接種が一時中断中だが心配しないように」との声明を発表しました。ネット上では、「同時接種がニュースになること自体、アメリカの医師仲間に笑われた」という書き込みも見られました。「同時接種問題」というのは、日本以外、世界のどこにも存在しないようなのです。

 私自身は数年前から、日本外来小児科学会のワークショップで同時接種を取り上げ続けてきました。始めた頃はまだヒブワクチンの発売前で、あれが同時接種についてオープンな形での議論の先駆けだったはずです。聴講していたほとんどの医師が半信半疑。一部の医師は積極的だったのですが、たいてい自治体が許さないという状況でした。それでも総じて関心は高く、全国的な普及に向けた下準備となってきたと自負しています。

 その原動力は何より、同時接種がお母さんたちの声に応えるものだ、というところにあるでしょう。単独接種ではスケジュール管理が大変過ぎますし、何かのワクチンを優先させれば別のワクチンが後回しになって、病気にかかるリスクも高まります。

 それだけに同時接種への風当たりは残念です。マスコミも懸念を助長してきた部分があると思います。例えば「重篤な副作用の可能性はゼロですか」と訊かれれば、本来は非常に低頻度でも「絶対ないとは言えない」と答えるのが科学です。これが「たくさん検査したが、危険との確証は得られなかった」という書き方になるだけで、読者の印象も180度違ってきますよね。

 一方、数種類のワクチンが初めから混ぜてある「混合ワクチン」の開発も進んできました。それでも現時点では問題点も指摘されています。

 まず混合ワクチンだと、その中の1種類のワクチンに問題が生じて接種が中断された場合、含まれるすべてのワクチンが接種できないことになってしまいます。また、含まれるワクチン同士が干渉し合うことで、効果や副作用に影響が出る可能性もあります。同時接種ならばワクチンは別々に保管されていますし、打つ位置もそれぞれ離すことができます。ただ、ヨーロッパなどで接種直前にワクチンを混ぜる方式が開発され、効果が実証されてきていますから、こうした手法で問題をクリアしていくことは可能でしょう。

 今後も安全で効果の高い混合ワクチンの開発を推進しつつ、世界の常識である同時接種を積極的に取り入れていく。それが子どもたちの健康を守るベストな選択でしょう。
(この連載は、今回でいったん終了します)

  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
  • Google+
  • 首都圏・関西でおなじみ医療と健康のフリーマガジン ロハス・メディカル
月別アーカイブ
サイト内検索