全国の基幹的医療機関に配置されている『ロハス・メディカル』の発行元が、
その経験と人的ネットワークを生かし、科学的根拠のある健康情報を厳選してお届けするサイトです。
情報は大きく8つのカテゴリーに分類され、右上のカテゴリーボタンから、それぞれのページへ移動できます。

ふるさと納税で主権者への第一歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※情報は基本的に「ロハス・メディカル」本誌発行時点のものを掲載しております。特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。


住んでいる自治体もチェック!!

 ここまでは、お住まいの自治体以外へ寄付するという視点から語ってきました。でも、お住まいの自治体が一番好き、もっと良くなってほしいという方も多いことでしょう。

 そういう方たち、関係ない話と思ってませんか? 関係は大いにあるんですよ。

 平成24年度の「ふるさと納税額」は、全国で約650億円でした(控除額は約210億円)。

 財政的に豊かな自治体であれば余計なお世話ですし、お金がすべてというわけでもありませんが、地域を良くする財源に充てられるよう「ふるさと納税」を受けられるに越したことはないですよね。

 だったら、お住まいの自治体がどういう取り組みをしているか、チェックしないといけません。

 お礼の特産品で「釣る」ことを競うのは、消耗するだけで不毛です。そうではなくて、他の自治体に住んでいる人から魅力的と思ってもらえるような、夢へ投資する気分になれる「使途」を掲げて寄付を募っているでしょうか?

 各自治体が外部の目を気にして「使途」を競うようになれば、きっと日本はもっと元気に住みやすくなります。魅力的な「使途」を知ったことがきっかけで、本当の「ふるさと」にしようと移住を考える人だって出てくるかもしれません。

 まさに「ふるさと納税」は、日本を良い方向へ向かわせる、主権者としての第一歩となり得るものなのです。

 1  |  2  | 3
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
  • Google+
  • 首都圏・関西でおなじみ医療と健康のフリーマガジン ロハス・メディカル
月別アーカイブ
サイト内検索