全国の基幹的医療機関に配置されている『ロハス・メディカル』の発行元が、
その経験と人的ネットワークを生かし、科学的根拠のある健康情報を厳選してお届けするサイトです。
情報は大きく8つのカテゴリーに分類され、右上のカテゴリーボタンから、それぞれのページへ移動できます。

カテゴリー「リテラシー」の記事一覧

世の中に流れている情報は玉石混交です。
真に役立つ情報を選び取って上手に活用できるよう、目利きのための知恵をご紹介していきます。

【新連載】あなたの悩みにお答えします 

病期の悩みに、病気を持つ人が体験を元にアドバイスします。ポイントの解説も。

病期になってから、不安やイライラで気持ちが落ち着きません。どうしたらよいでしょうか?


聞き書き・武田飛呂城
たけだ・ひろき●日本慢性疾患セルフマネジメント協会事務局長

記事を読む

老化を早める糖化 高血糖で起きる

年間連載 血管を守る6

高血糖だと、体内で「糖化」という現象が起き、血管をはじめとする全身を老化させます。

記事を読む

ポリファーマシー 薬剤師が減らせる

薬局の上手な使い方 62

土居由有子 どい・ゆうこ●(株)アインファーマシーズ上席執行役員。1978年、北海道医療大学約学部卒業。病院勤務後、93年、アインファーマシーズ入社、薬剤師研修担当、2013年より現職。神戸薬科大学非常勤講師、北海道大学非常勤講師として、「薬剤師教育指導論」や「リスクマネジメント」を教えている。MBA取得後、経営学博士課程に進学。

記事を読む

あなたが医療を使う時

あなたは、医療をどんな時に何のために使うか、説明できますか? 考えたこともないという人がほとんどと思いますが、ちょっと考えてみてください。これから説明するようなことを理解すると、医療への接し方が少し変わるかもしれません。
 

本誌編集発行人 川口恭

記事を読む

医療先進国のはずなのに 他国の公的研究にタダ乗り

オブジーボの光と影 4

我が国で行われているオプジーボ(ニボルマブ)の臨床試験が少ない理由を探ってみるうち、私たちが臨床試験について当たり前と思っていたことが世界では非常識で、そのせいで薬を高く買わされていることもあるのでないかと思い至りました。

本誌編集発行人 川口恭

記事を読む

健康サポート薬局 知っていますか?

薬局の上手な使い方 61

土居由有子 どい・ゆうこ●(株)アインファーマシーズ上席執行役員。1978年、北海道医療大学約学部卒業。病院勤務後、93年、アインファーマシーズ入社、薬剤師研修担当、2013年より現職。神戸薬科大学非常勤講師、北海道大学非常勤講師として、「薬剤師教育指導論」や「リスクマネジメント」を教えている。MBA取得後、経営学博士課程に進学。

記事を読む

歯周病で動脈硬化

年間連載 血管を守る5

自覚症状なしにジワジワ進行する歯周病が、全身の血管も傷めることが分かってきました。

記事を読む

認知症の祖母からの"贈り物"

~ハート・リング運動への投書から~

ハート・リング通信 32

早田雅美 ハート・リング運動 事務局長

記事を読む

がん大国返上は学校教育から

全小中高で授業スタート

来年度から小中高全校で、がんについての授業が始まります。がん教育の必要性を国に訴えてきた中川恵一・東京大学大学院医学系研究科准教授から寄稿をいただきました。

東京大学医学附属病院放射線治療部門長 中川恵一

記事を読む

日本の医療界は 腐っているのか?

オブジーボの光と影 番外編

前回、日本はオプジーボに関する臨床試験件数が少なく、ドラッグ・ラグを招きかねないと指摘しました。少ない理由はいくつも挙げられるのですが、世界を唖然とさせるような日本の医療界の不祥事と、それが医療界内できちんと自律的に処分されないことも、日本での試験実施を敬遠させることにつながっていないでしょうか?

本誌編集発行人 川口恭

記事を読む

<前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
  • Google+
  • 首都圏・関西でおなじみ医療と健康のフリーマガジン ロハス・メディカル
月別アーカイブ
サイト内検索