全国の基幹的医療機関に配置されている『ロハス・メディカル』の発行元が、
その経験と人的ネットワークを生かし、科学的根拠のある健康情報を厳選してお届けするサイトです。
情報は大きく8つのカテゴリーに分類され、右上のカテゴリーボタンから、それぞれのページへ移動できます。

糸ようじの日vs.フロスか死か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 明日8月18日は糸ようじの日だそうです。小林製薬が糸ようじ発売から30年ということで制定したとか。朝日新聞に載っていました

 私自身は、歯を磨いてたら充分と思って、つい最近まで歯の間を掃除する習慣がなかったんですが、ある時掃除してみて、あまりの汚さ(ゴミが挟まってること)に驚きました。こりゃ色々と悪いことが起きていたに違いない、もっと早く知りたかったと思いました。それ以来、毎日欠かさず掃除をしています。慣れると、やらない方が気持ち悪いです。

ロハス・メディカル編集発行人 川口恭

 さて実は、このことに気づいて、啓蒙活動をしている高校生たちがいます(ロハス・メディカル2017年7月号より)。大したもんだと思いますし、高校生ですら気づけることを、多くの大人が知らないというのは問題だよなとも思います。

 先ほどご紹介した朝日新聞の記事によれば

歯間掃除器具市場(ブラシタイプも含む)は2016年度、約187億円と10年前の1・8倍の規模になった
とのこと。もっともっと市場が大きくなってしかるべきと思います。

 ところで、同じ歯間の清掃道具に関する宣伝文句として有名なのは、何と言ってもアメリカ歯周病学会が20年前に打ち出した"Floss or Die"(フロスか死か)ですよね。彼我の文化の差、日本の遅れを感じずにはいられません。

  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
  • Google+
  • 首都圏・関西でおなじみ医療と健康のフリーマガジン ロハス・メディカル
月別アーカイブ
サイト内検索