全国の基幹的医療機関に配置されている『ロハス・メディカル』の発行元が、
その経験と人的ネットワークを生かし、科学的根拠のある健康情報を厳選してお届けするサイトです。
情報は大きく8つのカテゴリーに分類され、右上のカテゴリーボタンから、それぞれのページへ移動できます。

1人当たりの月額医療費が1億円超える、って。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療費「月千万円以上」過去最多の484件、昨年度」というニュースがあった。

 医療機関での高額な治療が増え続けている。健康保険組合連合会(健保連)の集計によると、患者1人あたりの医療費が1カ月で千万円以上だった例が、2016年度は484件となった。15年度に比べて件数は3割以上増え、過去最多になった。1カ月で1億円を超えた治療も2件あった。医療の技術が高度になっていることが背景にあり、財政負担と両立できるかが課題だ。


患者一人当たりの一か月の医療費が、

1千万円を超えた例が、484件。

1億円を超えた例が、2件。

そりゃ、赤字で倒れる健保も出るよなあと思ってしまう。


ロハス・メディカル論説委員 熊田梨恵

もちろん大切な治療に使われている医療費なので、使うなとかそういう話を言いたいのではない。

ただ、「救児の人々」や「胃ろうとシュークリーム」でも書いてきたことだが、国民が出している保険料や税金のバランスということも同時に考えていく必要はあると思う。

国民皆保険制度の中でこれからの医療全体を抱えていけるのか、見直す時期に来ているのは間違いないと思う。

それについての詳細は、ロハス・メディカル2015年6月号からの連載「曲がり角の国民皆保険」をご覧ください。


  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
  • Google+
  • 首都圏・関西でおなじみ医療と健康のフリーマガジン ロハス・メディカル
月別アーカイブ
サイト内検索