全国の基幹的医療機関に配置されている『ロハス・メディカル』の発行元が、
その経験と人的ネットワークを生かし、科学的根拠のある健康情報を厳選してお届けするサイトです。
情報は大きく8つのカテゴリーに分類され、右上のカテゴリーボタンから、それぞれのページへ移動できます。

ニセ水虫より厄介なのは、カサカサ水虫でしょ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏は水虫の季節。先日、「水虫薬、1か月以上塗り続けるのが大事...『ニセ水虫』にも注意」というオンラインニュースを読みました。「そうそう、根気勝負なんだよね」と頷きつつ、ただ「ニセ水虫」以上に問題なのは、水虫に気づかないこと、その意味では、「カサカサ水虫」の方が厄介でしょ、と思ったのでした。実は私自身、いまだに自分の足の「カサカサ」が水虫のせいではないかと疑っています・・・。

ロハス・メディカル専任編集委員 堀米香奈子


私が「カサカサ水虫」を知ったのはもう20年ほど前のこと。以来、皮膚科を4件ほど受診し、切片を採って顕微鏡で見るなど色々調べてもらったのですが、結果は全て「ノー」でした。

カサカサ水虫のかしこまった呼び名は、「角質増殖型」水虫。特徴は、足がカサカサになること、そして痒みがない場合も多いことです(詳しくはこちらの記事をどうぞ)。だから、自覚のないまま保菌し続けて、家族などにうつしてしまうのですね。水虫かと思って実際には水虫でない「ニセ水虫」より、やっぱりずっと‟くせ者"ですよね?

今までもそんなふうに思えば思うほど疑心暗鬼になって、引っ越しをするたびに近所の皮膚科に相談して、結果的にハシゴしてきたのです。本当は水虫の専門家に診てもらうのが一番だと聞きますが、既に否定されていることもあって正直そこまで熱心にもなれず・・・。

水虫は成人男性のみならず、子供がプールのマットなどからもらってしまうこともあります。スポーツをしている人も、運動マットや履きっぱなしのスポーツシューズなどに危険が潜んでいるんだとか。気になる人は是非、水虫に詳しい医師に診てもらうことをお勧めします。

  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
  • Google+
  • 首都圏・関西でおなじみ医療と健康のフリーマガジン ロハス・メディカル
月別アーカイブ
サイト内検索